年金保険 保険相談

個人年金保険は安全性と節税メリットで選ぶ

 老後の資金のために個人年金保険を始める人が増えています。
 公的年金である、国民年金、厚生年金などの制度がまったくなくなるということはないかと思われますが、徐々に受給開始年齢がさがっており、その不安などもあり、自分の年金は、自分でという志向になってきているのだと思います。

 老後資金を貯めるための商品として、預貯金のほか、株や外貨預金などの投資商品と同様に個人年金保険があります。

 個人年金保険は、預貯金よりも利率はいいものの、株などの他の商品と比べると、リスクが少ない分、利率は良くはありません。

 それでも加入者が増えている理由は、個人年金保険だけの節税メリットがあるからです。

個人年金保険料控除

 個人年金保険は、ある一定の要件を満たすと、個人年金保険料控除という所得控除の制度を受けることができます。
 →個人年金保険料控除の要件についてはこちら

 所得税の生命保険料控除の一種ですが、一般的な生命保険の控除とは別に、個人年金だけで別途控除を受けることができます。

 所得控除を受けることができる金額は、所得税で年間最大4万円、住民税なら年間最大2万8000円で、月1万円程度の保険に入れば、満額の控除を受けることができます。

 ただ、間違ってはいけないのは、税金が所得税で4万円節税されるわけではないということです。所得税の対象となる課税所得金額から4万円控除されるという意味ですので、4万円X各個人の税率をかけたものが、実際に節税される金額。年収500万円あたりのサラリーマンだと10%、年収600万円を超えてくると20%くらいになる感じです。

 ちなみに住民税は一律10%なので、最大年間2800円分の控除を受けることができます。

控除される金額を考えると利率がかなりおトク

 個人年金保険料控除で節税される金額を利率分と考えると、個人年金保険は、かなりの高利回り商品となります。

 月1万円、年間12万円の積立で、基本的に元本が保証されていて、10%の税率の人で、所得税分4000円+住民税分2800円=6800円分の控除が得られます。

 6800÷120000=約5.6%の利率相当分です。

 当然、所得税率が増えれば、この利率相当分もアップしますし、個人年金保険の利回りも当然加味されますので、かなりいい投資商品かと思われます。

さらに考えたいカード払いできる保険

 さらに注目してもらいたいのが、カード払いできる保険があることです。
 カード払いできる年金保険は、あんしん生命の個人年金です。

 クレジットカードで払えば、カードのポイントが付きます。通常100円=0.5ポイントあたりですが、楽天カードなどの高ポイントのカードを使えば、100円=1ポイント、1%相当分のポイントがつきます。

 カード分をプラスすると、さらに魅力的な保険になるわけです。

 →カード払いができる個人年金保険